産後の乳首ケア

産後に乳首の色は元に戻る?黒ずみは消えるのか?

 

妊娠をすると乳首の黒ずみによって色が黒くなります。

 

原因は女性ホルモンの乱れによってメラニンが色素沈着をしたことです。
そのため、出産をすると女性ホルモンのバランスも整うのでだんだんと色は薄くなります。

 

ただ、完全に元の色に戻るとことはほとんどありません。

 

出産をすることによってホルモンバランスも正常になってくるので、肌のターンオーバーも上手く行われるようになってきます。
乳首に色素沈着をしている古い皮膚も新しいのが作られるので多少は薄くはなってきます。

 

しかし、ピンク色のするほどの変化を起きる人は少ないのですね。
産後の乳首の黒ずみが気になるのであれば美白ケアをするようにしましょう。

 

産後はかゆみも発症しやすい

 

妊娠をしている間にエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2つの女性ホルモンの乱れてしまいます。
そのため、肌機能も正常に働かず、乾燥がしやすい状態となります。

 

乾燥をした肌に与えた刺激は炎症をし、かゆみとなります。

 

特に乳児におっぱいを上げるとなると、赤ちゃんの吸い付く刺激が与えられます。
そのため、黒ずみができやすいだけでなく、かゆみも発症をしやすいのですね。

 

産後の乳首ケアの仕方!かゆみや黒ずみを解消したいなら

 

産後にかゆみや黒ずみを解消したいのであれば乳首ケアが必要となります。

 

  • かゆみを止めるのであれば保湿をしてバリア機能を高める
  • 黒ずみを解消するのであれば美白をする

 

顔のスキンケアと方法は変わらず、朝と晩の2回、化粧品を使って美容成分を浸透させていきます。

 

赤ちゃんを作るとお金がかかるってのは子育てだけでなく、美容も関係がしているのですね。
結婚をして出産をしても乳首の色が黒いのは嫌なのでケアをする人は多いです。

 

美白クリームを使えば同時に両方のケアをすることもできます。
また、おへそに縦に1本黒ずみの線ができる正中線のケアにも有効です。

 

詳しくは下記をご覧ください。
乳首ケアで黒ずみやかゆみを治す

 

産後の乳首ケアには注意!産婦人科に相談しよう

 

産後の乳首ケアは安易に行わないようにしましょう。
赤ちゃんの授乳をするのなら配慮をしなければならないことがあります。

 

化粧品を乳頭に付けるのは赤ちゃんに悪影響となることがあります。
まだ未熟な乳児にはからだの中に入ると悪影響となる成分が含まれていることがある為です。

 

出産後にミルクなどを与えるのであれば良いのですが、授乳をするのであれば気おつけた方が良いのですね。

 

しかし、産後には黒ずみやかゆみが気になってくる人も多いです。
そのため、乳首ケアの際には産婦人科で相談をする。

 

または各化粧品の販売会社に確認をするようにしましょう。