冬から秋だけ乳首がかゆい

冬の時期は乳首のかゆみが酷くなる

 

冬になると乳首がだんだんとかゆくなるなんてことはありませんか?

 

それは肌が乾燥をしやすくなる時期であるのが関係をしています。
胸といっても他のからだの部位と同じように皮膚によって守られています。

 

当然、保湿剤の膜によってバリア機能が働いているのですね。

 

しかし、冬になると空気が乾燥をするため、皮膚もカサカサになりやすくなります。
バリア機能も低下をしてしまうので、刺激を防ぐ役割が正常に働きません。

 

そのため、冬の時期はかゆみが酷くなりやすいのですね。
季節限定でかゆみに悩まされるって人も多いです。

 

乳首がかゆいのは病気が関係をしている?

 

乳首のかゆみで心配してしまうのが病気です。
乳がんも同じようにかゆいと感じることがあるからです。

 

しかし、季節限定でかゆくなるのであれば、乾燥が原因となっているのが考えられるので心配をしすぎないようにしましょう。
ストレスによって代謝が低下し、肌機能も下がってしまうこともあります。

 

余計に症状を悪化させてしまう可能性も少なからずあるのですね。
心配であれば一度病院に診察をして貰うのが一番ではあります。

 

ただ、冬の季節だけかゆいのなら、まずは保湿をして経過を見ると良いと思います。

 

冬の季節だけ乳首がかゆくなるなら

 

夏場に関しては問題が無いのに冬の季節だけ乳首がかゆくなるのであれば、季節限定でケアをすると良いです。

 

乳首がかゆくなるのは乾燥した状態による刺激で炎症をしてしまう為です。
そのため、冬の季節だけ保湿をすれば症状が改善される人も多いです。

 

20歳を過ぎると角質層にあるセラミドなどは抜けてしまい、だんだんと乾燥をしやすくなります。
そのため、できれば乳首にかゆみを伴うような人は1年を通して保湿を行った方が良いです。

 

しかし、金銭的にも負担をかけたくない人は冬の季節だけでも乳首ケアをするようにしましょう。
方法については下記で紹介をしています。

 

乳首がかゆいし黒いのがつらい

 

かきすぎると黄色や透明な液体がでる!

 

乳首をかいていると黄色や透明な液体が分泌されることがあります。
これは胸には乳腺が入っているのが関係をしています。

 

かきすぎて刺激を与えてしまうとバストの中にある乳腺を傷つけてしまいます。
そのため、分泌液が漏れ出てしまっているのが関係をしています。

 

そのまま症状が悪化すれば乳腺症となるのでかきすぎには注意をしましょう。

 

すでに赤く腫れて熱を発症をしているのであれば、一度、病院で診療をして貰った方が良いです。
乳腺や入管が傷ついてしまった為に感染症を引き起こしている可能性があります。

 

冬の季節限定で乳首がかゆいから大丈夫と思っていても、症状が悪化して更なる病気へと発展してしまうこともあります。
乳首ケアはできるだけ早めに行うようにしましょう。