男性で乳首がかゆい

男性は乳首のかゆみが長引く人が多い

 

乳首のかゆみは男性でも発症することもありますが、安易に考えない方が良いです。

 

女性と違いスキンケアをしていない人も多いため、肌に仕組みを理解していない人は多いです。
そのため、すぐに治るだろうと放置してしまう人は多いです。

 

何もケアをしなくともかゆみが治ることはあります。
それには肌の乾燥が関係をしているからです。

 

ストレスや運動不足が軽減されたりすれば症状が改善されることはあります。
ただ、できるだけケアをして早めに治す努力をした方が良いです。

 

男性で乳首がかゆくなると長引くことになりかねないからです。

 

乳首がかゆい原因に性別は関係ない!男性も乾燥が関係している

 

性別によって男性ホルモンと女性ホルモンの分泌量が異なります。
そのため、肌に弾力があるなどのことは異なってきます。

 

しかし、男性であればスキンケアを行う必要がないんなんてことにはなりません。

 

男性で乳首がかゆいのなら乾燥が関係をしています。

 

性別に関係なく皮膚は刺激を与えてしまうと炎症をします。
引き起こした炎症がかゆみとなり伝達しているのです。

 

特に乾燥をしてしまって乳首がカサカサしているとかゆみが酷くなります。

 

肌にはバリア機能と呼ばれる保湿成分の膜によって刺激を軽減している働きがあります。
乾燥をすることによって、この働きが発揮をしなくなるので、刺激に弱くなってしまいます。

 

かゆい原因は乾燥した肌に与えられた刺激で炎症をしてしまっているからなのですね。

 

かゆみを止めるなら保湿か炎症を鎮める

 

かゆみを止める方法としては2種類あります。

  1. 保湿をしてバリア機能を高める
  2. 薬によって炎症を鎮める

 

保湿をする為に用いるのはデリケートゾーン用に作られた低刺激のクリームを使うと良いです。
すでにあるかゆみを止めたいのであれば薬局でフェミニーナ軟膏のようなデリケートゾーンの薬品を使いましょう。

 

炎症をしてあれているので、顔に付ける化粧品や薬だと刺激となることもあるので、低刺激のを利用しましょう。

 

かゆみの原因を解消する保湿がおすすめ

 

フェミニーナ軟膏のような薬を使えば炎症を鎮めるのでかゆみを止めるのには有効です。
しかし、すぐにまた発症をしてしまうことが多いです。

 

炎症を鎮めても保湿できている訳ではないのでバリア機能が低下してしまっているからです。

 

まずは発症をしているかゆみを止めるためにも薬を使うようにしましょう。
症状が改善をしたのであれば乳首ケアをして保湿をするのに切りかえるのがおすすめです。

 

保湿をしてバリア機能を高めれば外的刺激を抑えることができます。
根本となっている原因を解消することができるのですね。

 

刺激となるのは主に衣服の擦れやお風呂での石鹸の成分や洗い方です。
毎日の生活で加えられる刺激は防げないので、保湿をして根本的原因の解消をするようにしましょう。

 

何もケアをせずにかき続けていると乳輪が大きくなってしまったり、色が黒くなってしまうこともあるので、早めのケアがおすすめです。
乳首はかくと黒ずみが悪化する