乳首がかゆくて黒い

乳首はかくと黒ずみが悪化する

 

冬の季節になるにつれ、乳首がかゆくて黒いと悩む人は増えてきます。

 

その原因には乾燥が関係をしています。
バストも顔や腕と同じように皮膚によって作られています。

 

そのため、乾燥をするとかゆみを発するようになります。

 

そして、気おつけなければならないのが乳首や乳輪をかいてしまうことです。
かくと黒ずみを悪化させてしまい色がどんどん黒くなってきます。

 

黒ずみとかゆみを治す為に大事なことはケアをすることです。
乳首ケアをすることで黒ずみを美白することもできますし、乾燥によるかゆみを止めることもできます。

 

すでにかゆいのなら我慢ができなくてかいてしまっていると思います。
どんどん色が黒くなってしまうので早めにケアをして治すようにしましょう。

 

乳首がかゆいのと黒い原因は関係している

 

乳首のかゆみと黒いことの原因は違います。
しかし、両方に悩む人は非常に多いです。

 

なぜなら、この2つは大きく関係をしているからです。

 

乳首をかゆくする原因は乾燥をしてカサカサとなってしまっているからです。
そして、色が黒いのはかいたことによる刺激です。

 

かゆみと黒いのは関係をしているので、まずは痒いのを止めるのが大事となります。

 

かゆみの原因は刺激による炎症

 

かゆみを引き起こす原因は刺激によって炎症をしてしまっている為です。

 

肌はバリア機能によって外的刺激から守る働きが行われています。
この役割をするのが皮膚の中にあるセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分です。

 

バリア機能が上手く働いていない乾燥をした状態で刺激を与えると軽減することができません。
そのため、炎症を引き起こしてしまいかゆみを発生させるようになりあmす。

 

体内の保湿成分は年を重ねるごとにだんだんと体内から抜けていってしまいます。
20歳を過ぎるころから急激に減少をしてしまうので、20代以降にかゆみを伴うことが多くなります。

 

黒ずみの原因はかいた刺激によるメラニンの過剰分泌

 

黒ずみの原因は刺激によって体内で作られたメラニンが色素沈着をしている為です。

 

肌の外的刺激から守るために角質層の奥にあるメラノサイトと呼ばれる細胞でメラニンは作られます。
刺激から守る働きがあるのですが、色素を持っているため、バストの皮膚に付着することによって色が黒く見えてしまいます。

 

この色素沈着した皮膚がだんだんと蓄積することによって黒ずみとなります。

 

そのため、乳首をかけば刺激によってメラニンが作られて色素沈着をしてしまいます。

 

乳首ケアの仕方!デリケートゾーン用の化粧水やクリームを使う

 

乳首ケアの仕方としては顔のスキンケアと変わりはありません。
基本は化粧水やクリームを使って保湿をすることです。

 

ただ、デリケートな部分となり、特にかゆみを伴っている人は乾燥をして肌が荒れてしまっています。
そのため、デリケートゾーン用に作られた低刺激のクリームを使うようにしましょう。

 

乾燥が原因のかゆみであれば、クリームを付ければすぐに少し収まるはずです。
化粧品に含まれている油分によって、保湿の役割を一時的に行えるので症状が少し改善することもあります。

 

たた、すぐにかわいてしまうのでまたかゆみが発生するはずです。
毎日、乳首ケアをして保湿を継続して行うようにしましょう。

 

痒みを抑えてかくのを止めれば黒ずみが悪化するのを防ぐことができます。

 

かゆみと黒ずみを同時に治すなら美白クリーム

 

かゆみだけでなく、黒ずみも同時に治すのであれば美白クリームを使うのが有効です。

 

保湿することでバリア機能だけでなくターンオーバーも高めることができます。
そのため、すでに色素沈着した古い皮膚を剥がすことで多少黒ずみにも有効ではあります。

 

しかし、黒ずみを美白する効果としてはほとんどありません。
また、クリームを塗ればすぐにバリア機能が高まる訳ではないので、すぐにかゆみも治らず刺激を与えてしまいます。

 

そのため、メラニンの生成を抑制する美白成分が配合されたクリームを使うようにしましょう。

 

デリケートゾーン用の医薬部外品となっている美白クリーム通販などで販売がされています。
保湿と美白を両方のケアを同時に行うことができ、黒ずみとかゆみの両方を解消することができます。

 

人気のバストトップを美白するクリーム

乳首黒いのバイバイ

 

バストトップを美白するクリームといっても種類は豊富にあります。また、医薬部外品もあれば、単なる化粧品と様々です。

 

利用をするのであれば『医薬部外品』として認可されているのをおすすめします。また、効果があったと評判のクリームのほとんどは医薬部外品です。

 

有効成分が配合されており、効き目を感じている人は多いです。

 

詳しくは下記サイトで実際に使用してるのを紹介しているので参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

乳首黒い

 

乳首ケアをしてもかゆみが治まらないなら病気の可能性がある

 

あまり心配になるようなことは言いたくないのですが、乳首ケアをしているにも関わらずかゆみが止まらないなら病院へ行きましょう。
皮膚科でも産婦人科のどちらでも良いです。

 

乳首のかゆみで病院へ行く人の多くは乾燥が原因となっていることが多いみたいです。
しかし、病気でも同様の症状があらわれるものはあります。

 

乳首ケアをしているにも関わらず症状が一向に改善されないのなら、恥ずかしくても診察をして貰った方が良いです。

 

男性の医者に胸を見られるのが心配なら婦人科の方が良いとは思います。
ただ、事前に女性の医師が在籍しているか確認をすると良いです。

 

デリケートな部分となるのでケアしても効果がないのなら病院へ行きましょう。