乳首がかゆくて黒い

乳首はかくと黒ずみが悪化する

乳首が黒いのを解消した女性

 

冬の季節になるにつれ、乳首がかゆくて黒いと悩む人は増えてきます。

 

その原因には乾燥が関係をしています。
そして色が黒くなってしまう黒ずみに関しても同じことが言えます。

 

そのため、乳首のかゆみは色を黒くする原因にもなりますし、かゆみなく黒乳首の人と比べても早くケアをしなければ、更に両方の症状は悪化をしてしまいます。今度調べてみるかなんて悠長なことは言っていられる暇はなく、早めにケアをしていった方が良いのですね。

 

バストも顔や腕と同じように皮膚によって作られています。
肌が乾燥をすることでバリア機能が低下をし、刺激を和らげる肌力が低下をしてしまいます。

 

しかし、皮膚への刺激はかゆみとして伝達がされますし、黒ずみの原因となるメラニンを作りだしてしまいます。

 

両方の原因は大きく関係をしているので、ケアの仕方に関しても共通している部分が多いです。
そのため、黒ずみを美白することはかゆみを抑えるケアとしても有効となるので、両方を同時に行うことができます。

 

ここではどのようなケアをしていけば良いのか?
また、どんな物が人気となっているのかなど、かゆみと黒ずみの両方の視点から紹介をしていきます。

 

おすすめの乳首ケアクリームランキング

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリー通販

ホワイトラグジュアリープレミアムの特徴

医学誌やテレビや雑誌など様々な場所で紹介されているので、乳首ケアのクリームとしてはコレって言う人も多いです。

最大の特徴は浸透力の違う成分を配合して、角質層の奥から手前までそれぞれの成分が浸透するように作られていることです。

価格 5,980円
評価 評価5
備考 医学誌にも掲載された
ホワイトラグジュアリープレミアムの総評

バストケアのクリームとして非常に人気があるのがホワイトラグジュアリープレミアムです。医学誌に掲載がされたほどの医薬部外品で美白成分や保湿成分が含まれています。どのクリームを使うか迷った人なら間違いなくコレがおすすめです。

 

乳首訴求

 

イビサクリーム

イビサクリーム通販

イビサクリームの特徴

脱毛サロンのibizaが開発したバストケアクリームです。

タレントの紅蘭さんも推薦をしている黒ずみクリームです。

価格 4,470円
評価 評価3
備考
イビサクリームの総評

もともと下半身のデリケートゾーンのケアクリームとして人気があったのがイビサクリームです。そのため、特に低刺激にこだわって作られており、新しい化粧品で良く肌荒れするって人にも使えたと評判が良いです。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

ピューレパール

ピューレパール通販

ピューレパールの特徴

乳首にも使えるようになっています。

もともとはワキの黒ずみクリームとして長い間人気があるケア用クリームです。

価格 7,600円
評価 評価3
備考
ピューレパールの総評

ピューレパールはもともとワキの黒ずみクリームとして非常に人気がありました。しかし、バストやデリケートゾーン用にも使えるように低刺激を考えられて作られています。そのため、そのまま乳首にも使い続けるって人もいます。

 

脇訴求

 

どれを使うか迷ったらおすすめのクリーム

 

人気のクリームといっても具体的にどれを使えば良いか迷ってしまう人も多いかと思います。

 

安くて評判のクリームを使いたいのがベストですが、値段的には大きく違いがある訳ではありません。おそらく美白成分が含まれていたり、医薬部外品ともなっているので、似たような価格帯になってしまうのではないかと思います。

 

そのため、価格で大きな違いはないので、安易に決めるのはおすすめしません。
どれを使うか迷ったのであれば、個人的におすすめはホワイトラグジュアリープレミアムです。

 

黒ずみにしてもかゆみにしてもケアをする上で大事なのは効果の期待できる成分が含まれているかではありません。きちんと肌の改善をできるように有効な成分が含まれているかです。

 

ホワイトラグジュアリープレミアムであれば、浸透力の違う成分を含むことで、肌の表面から角質層の奥まで各成分が浸透をするように作られています。そのためか効き目を実感できたと口コミでも評判が非常にいいですし、かゆみ対策のみとして使う人もいます。

 

また、医学誌に掲載がされている点に関しても乳首のようなデリケートな部分に使うにしても、安心して利用をすることができるはずです。
どうても良い情報ではありますが、私も使ったことがあるのもおすすめできる点です。

 

ホワイトラグジュアリーへ戻る

 

乳首がかゆいのと黒い原因を詳しく解説

原因を解説する女性

 

かゆみと黒ずみの原因は関係している部分も多いですが、根本的には同じではありません。
そのため、本気でかゆみを抑え美白もしたいのであれば、ケアだけでなく原因の解消をするとより効き目を実感できるはずです。

 

冒頭でも紹介をしましたが、乾燥をするとバリア機能が低下をして、刺激に弱い状態となります。

 

バストも皮膚でできているので、刺激を与えれば炎症をしてしまい、かゆみを発生させるようになります。そして、角質層にあるメラノサイトと呼ばれる細胞では、刺激から肌を守る為にメラニンを発生させるようになります。

 

しかし、メラニンは肌を守る役割がありますが、色素を持っている物質でもあります。
そのため、バストの皮膚に色素沈着をすることで、色を黒くしてしまう原因となるのですね。

 

黒ずみとかゆみケアに必要なのは保湿と美白

 

黒ずみに関してもかゆみにしても最も大事なのは保湿をすることです。
肌機能のバリア機能を回復させ、かゆみと黒ずみの原因を解消する為に保湿をしていく必要があります。

 

しかし、これだとかゆみ対策としては良いものの、乳首の色が黒いのを解消するのには万全なケアであるとは言えません。

 

黒ずみを解消する為には原因を解消する為にも他にターンオーバーの促進と美白が必要となります。

 

美白することによってメラニンの生成を抑制する効果が期待できます。すでに色が黒くなっているのであれば、保湿だけではケアとして不足していると考えられます。

 

そして、すでにメラニンが色素沈着している皮膚を排出して、新しい皮膚を作りだす為にもターンオーバーの促進をさせる必要があります。皮膚は常に古い細胞を作りだし新しい皮膚を作りだしているのですが、これを1か月から3か月程度かけて行っていきます。

 

この周期のことをターンオーバーと呼ばれているのですね。
この部分の改善に関しては必要となるのは同じく保湿をすることです。

 

ようするに乳首がかゆいし黒いの解消する為のケアは保湿と美白をして、原因の解消であるバリア機能とターンオーバーの促進が必要となるのですね。

 

具体的なケア方法!人気なのが医薬部外品の黒ずみクリーム

 

人気のケア方法としては医薬部外品の黒ずみクリームを使ってケアをしていくことです。医薬部外品とは化粧品と医薬品の間のように位置するもので、薬よりもからだに与える影響は少ないが、きちんと有効とされている成分が含まれているものです。

 

乳首の色が黒いだけであれば医薬品であるハイドロキノンやトレチノインの濃度が濃いのを使用するのが効果は高いです。しかし、病院での処方が必要な薬品ですが、副作用もあり、刺激が強いので逆に色を濃くしたり、乳輪が大きくなったりなどのリスクも高いです。

 

その点で、医薬部外品のクリームであれば副作用の心配をせずに安心をして利用できるので、人気が高いです。

 

黒ずみクリームの選び方のポイントとしては美白成分の入った医薬部外品であることと、肌にきちんと浸透をする成分が配合されている点を考慮して選ぶようにしてください。なかには肌を明るくのような表現で美白成分が入っていないものもあるので、注意が必要です。

 

医薬部外品の黒ずみクリームとして販売がされていれば、厚生省より認可がされているので安心をして利用ができるはずです。

 

乳首ケアの仕方!デリケートゾーン用の化粧水やクリームを使う

 

乳首ケアの仕方としては顔のスキンケアと変わりはありません。
基本は化粧水やクリームを使って保湿をすることです。

 

ただ、デリケートな部分となり、特にかゆみを伴っている人は乾燥をして肌が荒れてしまっています。
そのため、デリケートゾーン用に作られた低刺激のクリームを使うようにしましょう。

 

乾燥が原因のかゆみであれば、クリームを付けて保湿がしっかりとできれば、すぐに収まるはずです。しかし、黒ずみに関しては即効性は期待しないようにだけは注意をしてください。

 

皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーは肌がきちんとケアをできている人で早くて1か月程度です。20歳を過ぎると肌のヒアルロン酸やセラミドなどのきれいにする為の物質も減少をたどります。

 

そのため、遅い人だと3か月ぐらいの期間をかけてターンオーバーが行われています。

 

すでに乳首の色が黒くなってしまっていたり、かゆみを伴っているのであれば、肌のコンディションが悪くなっているのが考えられます。そのため、最低でも3か月は使い続けるつもりでケアしていきましょう。

 

黒ずみやかゆみが収まったから安心ではない!バストのケアは続けるように

 

黒ずみやかゆみが収まったからと、すぐにケアを止めてしまうのはおすすめできません。

 

保湿や美白をしっかりと行い、肌のコンディションも良くなったとしても、肌の状態はそれだけではありません。
生活習慣である寝不足や運動不足など様々な原因によって肌機能は低下をしてしまいます。

 

すでに乳首の色が黒かったりかゆかったりしてた人は、できれば数か月は余裕をもって使い続けるようにしましょう。

 

悪化をさせるのは一瞬ですが、改善するのには時間がかかります。
逆にまた必要となってコスパが悪いなんてことにもなりかねないです。

 

きちんと乳首のケアはしていくようにしましょう。

 

結果重視の黒ずみ対策ならホワイトラグジュアリープレミアム